カイロプラクティック

「病気」ではなく「楽でない状態」を改善


2fdc109bcb28b9749ec08f3bf8d3ad79_s

病気のことを英語では「Disease」(発音:デズィーズ)

楽でない状態のことを英語では「Dis-ease」(ディス イーズ)

 

と言います。

 

ハイフン(-)が入っているか、入っていないかで全く違う意味になります。

 

病院は、この「Disease(病気)」を消すことがお仕事です。

カイロプラクティック院は、「Dis-ease(楽でない状態)」を消すことがお仕事です。

 

この「楽でない状態」は、痛みや不快感を伴わない場合も多いのです。

体が「楽でない状態」になっていることを指します。

それが判明すると、カイロプラクターはその原因(サブラクセーション)を取り除きます。 カイロプラクターの仕事はココまでです。

 

そして、ここからがポイントです!

 

楽でない状態の原因であるサブラクセーションを取り除くと、

体が自動的に良くなってくるのです。

あなたの体は、「自分で改善させる能力」をすでに持っています。

 

ただ、その能力が思い通りに働いていない状態にあります。

つまり、体のスイッチがOFFになっているのですね。

 

最大のポイントはココ!

 

病気がなくなることは、とても良いことです!

医学、お医者さんの力なくしては行えないことです。

 

でずが、残念ながら

病気がなくなっても、「楽ではない状態」は続いています。

その原因は、サブラクセーション(神経システム障害)を取り除かなければ、

体のスイッチがONになりません!!

 

スイッチが入れば、もう体が全てをやってくれます。

ドクターも、あなた自身も、何もすることはありません。

ただ、良くなることを待つのです。

 

そして、また原因のサブラクセーションができれば取り除く。

 

そして、あとは体自身にお任せするのです。

ちゃんと完璧にやってくれます。

 

ただ待っていれば良いのです。

 

そこにカイロプラクティックの魅力が満載なのです。