メルマガ

雨の日の体調不良 3つの原因


おはようございます!

 

雨の日に体調不良になる3つの原因についてお伝えします。

昨日の復習です。

その3つの原因とは何でしたか??

 

 

1つ目は、気圧。

2つ目は、どんよりとした雲。

3つ目は、パターン。

 

でしたね!

 

1つ目の気圧についてお伝えします。

人間の体は70%以上が水分でできているこてゃご存知でしょう。

気圧や温度によって、膨張するパックを見たことがある人も多いのでは? そうです、簡単に言えば気圧の変化によって、体の状態が変わるということです。

環境に対して柔軟に対応できる体を持っている人は、気圧によってあまり体調が変化しません。

ですが、根本的に環境に対して柔軟性のない人は、影響を受けやすいです。

少しずつ健康に近づくことで、この環境に対しての柔軟性・対応性が向上します。

 

2つ目は、どんよりした雲です。

これは、太陽が出ていないことを意味しています。 人間は太陽の光を浴びて、体の活力を引き出してあげます。 ビタミンDでお肌が綺麗になると聞いたこともある人も多いと思います。

そうです。 外が暗いと人間は休むようにできているんです。

農家の人を観察しているとすごくわかります。

天気が悪い時は、お休みの日です。

カレンダーにある日曜日や祝日は気にしませんが、雨の日はゴロゴロしています。笑

なので、定期的に雨が降るのでお休みがあるというわけです。 そこでしっかり休めるわけです。 よくできていますよね? これが本来の人間の生活様式なのかもしれませんね。 推測ですが。。

 

3つ目のパターンは、マインドの話です。

頭の中で、「あっ、天気が悪い。あっ、これ体調悪くなるわ!」と関連づける人もいます。

もちろん、そうじゃない人もいますよ! 天気予報士を超えるくらいの的中率の人もたくさんいます。 快晴なのに、「あっ、雨降るかも!」とか予言する人を何人か見たことあります。 本人は良くないらしいですが・・・

この、マインドの話はこれからどんどんしていこうと思いますので、お楽しみに!

 

ちょっと今日は長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

では、今日も元気に過ごしましょう!

 

森本直樹


コメントを残す

*