心も体も美しくなる方法

無の大切さ


無の大切さ。

 

日本語には

 

「間(ま)」

 

というものが存在します。

 

この「間(ま)」によって、日本の高レベルのお笑いは成り立つのです。

 

この感覚は、日本の文化であり、日本人が繊細に受け継いでいる感覚なのです。

 

そして、この「間(ま)」は言葉と言葉の間の「無(む)」の状態です。

 

現代社会の物質至上主義の中にあって、日本には「無(む)」の状態がしっかりと受け継がれているのです。

 

国語、書道、花道、茶道、お行儀など

 

日本には「無(む)」を大切にする文化があります。

 

「ある」ことと「ない」ことの間にあるものに美しさを感じれる民族なのです。

 

日本は素晴らしい国です。

 

今一度、日本の良さを感じてみるのも良いと思います!

 

自分自身、長い間アメリカにいましたが、やはり日本の文化はいい意味で特殊で、これからもしっかりと学んで伝えていきたいと思っております。

 


コメントを残す

*